部分入れ歯を早めにつけるべき理由

皆さんの歯はそろっていますか、何本か欠けてしまっていませんか

どんなトラブルにつながるの?

歯が欠けているとどんなトラブルが発生する可能性があるのか確認してみましょう。
1.きちんと噛めないため噛む回数が減り、早く飲み込むようになり咀嚼不足の食材が胃腸へ送られる
2.欠けている歯の反対側の歯を使う頻度が多くなり筋肉の健全な発達が阻害されてしまう
3.欠けている歯の隣の歯の落ち着きが悪くなり歯並びに影響する
4.歯は噛むときにお互いに擦れ合い汚れが取れるが隣の歯が無いため汚れが付着しやすくなる
といったようなことがあるようです。
あと、前歯が欠けてしまった場合などは、見た目を気にする方によっては人づきあいが悪くなるなんてこともあるかもしれません。
虫歯の場合我慢できない痛みが発生するのでほっとく人はあまりいないと思いますが、欠損による影響はトラブルがゆっくり進行するため放置されてしまう場合があります。ただ進行した場合の悪影響は大きく、回復に手間がかかることもあるので注意が必要です。

一本の欠落でも影響は大きいよ

影響で大きいものをもう少し見てみましょう。
きちんと噛めないというのは、奥歯が欠損している場合に多く感じると思います。両側で噛める場合に比べ食材に歯が当たっている状態が減ることが多いようです。そのため回数を意識して増やすなどしないと咀嚼不足の食材が胃腸に送られ、負担が増えることになります。栄養摂取の不足にもつながる可能性もあるようです。
筋肉の発達に影響があるというのは、歯の噛み合わせにかかる力は実は非常に大きな力のようなのです。その源となる筋肉は毎日の食事時に鍛えられることが多いのです。そのため欠損があって毎日片側だけを使用していると発達が偏ってしまうことになります。長い目で見ると顔のゆがみにつながる可能性もあるかもしれませんね。
歯並びへの影響については、歯はお互いに支え合って並びが維持されています。そのため隣の歯が欠損すると少しずつ寄ってしまい歯並びが悪くなってしまうということのようです。


この記事をシェアする