部分入れ歯を早めにつけるべき理由

歯の欠損は見栄えだけじゃなくいろいろなトラブルの原因になるよ

早く治したほうが、治療も早いかも

歯は隣の歯と支え合っています。そのため隣の歯が無いとだんだん傾いてしまったり横を向いてしまったりする様なんです。さらに進むとグラついてきたり、隣の歯の欠損につながることもあるようなのです。そうなってからでは治療に日にちも費用も掛かるので欠損したら出来るだけ早く歯科医にかかり指示を受けることをお勧めします。「虫歯と違って痛くないから大丈夫だ」「面倒くさい」などといって放置しておくと歯は痛くなくても懐の痛みに繋がってしまうかも知れませんよ。あまりお勧めは出来ませんが風邪などは医者に行かなくても売薬を飲んで家で静養したりすれば完治することもありますが、基本的に歯は歯医者さんで治療しないと治癒することが少ないようですので注意しましょうね。

歯周病での欠損は注意

事故などで欠損した場合に比べると、歯周病による欠損は周りの歯の欠損につながる危険性は非常に高いようです。現実にはすでに周りの歯もぐらぐらしているなんてことも多いのではないでしょうか。全部の歯がそうなる前に治療して欠損している歯を補うことにより他の歯への影響を最小限に防ぎましょう。ただし歯周病の場合はそちらの治療自体も歯の治療と同時に実施しないとダメな場合もあるようなので、専門家である歯医者さんに指示を仰ぎ並行して進める必要があるかもしれません。特に歯周病の場合は複数の歯が抜けたりする場合があるようなのでそのままにしておくのは非常に危険ですよ。「めんどくさい」「歯医者は嫌いだ」なんて言って行かないと後で後悔しますよ。


この記事をシェアする